赤ちゃんの健康を考えるなら……

離乳食がはじまるまでの赤ちゃんは母乳やミルクから栄養を摂ります。この時期の赤ちゃんにとっての栄養は、母乳やミルクからしか摂れないんですね。当然、ほとんどが水ですから、赤ちゃんが摂るもののほとんどは水ということになります。赤ちゃんの健康を考えるなら、やはり安全な水を使いたいですよね。

水道水は危険?

「煮沸すれば大丈夫」と、水道水で粉ミルクなどをつくる方もいますが……。本当に赤ちゃんの健康を考えるなら、水道水の利用はおすすめできません。実は、水道水には煮沸したとしても除去できない有機塩素化合物や重金属などの有害物質がたくさん含まれているんです。

ミネラルウォーターは……?

「水道水はちょっと心配……」とミネラルウォーターに替える方もいらっしゃいますが、実は赤ちゃんにとってミネラルウォーターに含まれるミネラルは多すぎるため、良いとは言えません。ミルクには赤ちゃんにとって必要な栄養素がバランス良く配合されているため、ミネラルウォーターだとミネラルの過剰摂取となってしまうのです。

本当に安全な水のつくり方

「赤ちゃんにとって本当に安全な水がほしい……」そうお考えの方には、放射性物質を取り除ける逆浸透膜浄水器「V1シリーズ」がおすすめです。また、お母さんのお腹の中の羊水や母乳にも飲料水の影響が大きく出るので、お母さんが飲むお水にも注意が必要です。妊娠が分かった時点で、早めの浄水器の導入をおすすめします。

 

水について
安全な水とは
赤ちゃんに安心なお水
家庭に安全な水を
浄水器について
水から放射線物質を除去
水から有害物質を除去!
その効果とは
家中まるごと浄水
レンタルウォーターサーバーとの比較