水道水の3つの危険

水道水を利用することによる3つの危険についてご紹介します。「水道水の何が危険なの?」と疑問に思われている方は、ぜひご一読ください。

危険1 残留塩素

水道水は浄水場で塩素を用いて殺菌されます。そして、その際に使用される塩素は、微量ながら残留塩素として水道水に残ってしまうんです。たんぱく質を破壊したり肌にダメージを与えたりと、残留塩素はいろいろな悪さをします。

危険2 トリハロメタン

水道水には肝臓や腎臓に障害を引き起こす発ガン性物質「トリハロメタン」も含んでいます。その発生量は水温が上昇するにつれ高まっていくので、シャワーやお風呂、冬場の温水トイレなどには特に注意が必要です。

危険3 鉛

水に溶け出すという危険性から水道管への鉛の使用が禁止され、すでに鉛が使われている水道管は交換が進んでいます。しかし、まだ交換されておらず鉛が使われている水道管もあります。鉛が人体に入ると痴呆症や肝臓障害、疲労感やイライラ、頭痛などの症状を引き起こすとされているので、注意しましょう。

水道水が信用できない今、浄水器の導入が注目されている!

水道水の危険性が叫ばれる今、全国的に浄水器の導入が進んでいます。なんと、その普及率は過去最高の36.9%! 3世帯に1世帯は浄水器を導入している計算です。

でも、台所の浄水器だけでは安心できません

浄水器と一口に言っても、その効果範囲は様々。浄水器と聞いてイメージされるのは、台所の蛇口に取り付けるものではないでしょうか。しかし、そのようなタイプの浄水器の場合、シャワーや温水トイレの水は浄化されていないため、本当の意味では安心できません。「シャワーくらい仕方ない」と思われるかもしれませんが、5分間シャワーを浴びると水道水を約1リットル飲んだときと同じ量の残留塩素を摂取してしまうと言われているんです。

生活水すべてを浄水!

健康への意識が高い方におすすめしたいのが、生活水すべてを浄水する全館浄水器「ビューターシリーズ」。戸建て住宅やマンション・アパートなど、どんな住まいでもカンタン設置で生活水すべてを浄水します。

 

水について
安全な水とは
赤ちゃんに安心なお水
家庭に安全な水を
浄水器について
水から放射線物質を除去
水から有害物質を除去!
その効果とは
家中まるごと浄水
レンタルウォーターサーバーとの比較